PostHeaderIcon vol.1637『九州クライマックス!!』


いつもありがとうございます。ポップ係長です。

今日は23日に行われた九州クライマックス最新レビューです。

昨年は福岡県北九州市を中心に立ち上がった九州予選でしたが、
今年は長崎県が参戦し、やっと九州予選と呼べるようになりました。

ご尽力いただいた佐藤福岡運営委委員長・酒見長崎運営委員長
心より御礼申し上げます。

ちなみにCX当日、ポップ係長は前々日に大きく
スケジュールのズレた北信越CXの影響を受けて九州まで
到達することができず、佐藤委員長が代理で運営頂きました。

代表として参加したのは
福岡代表  千代ウイングス
長崎代表  長崎セインツ
の2チーム。

試合は先攻が千代ウイングス。守るセインツは安藤投手がマウンド。

安藤投手:5回を2安打1失点(球数71)は立派。

安藤投手は4回まで48球と素晴らしい省エネ投法でしたが、
5回にエラーを起点に1失点。
先発の責任は充分果たしてますよね。

千代ウイングスのマウンドには背番号1の折立投手。

折立投手:5回被安打1(球数66)はお見事!

足で揺さぶってくる長崎セインツに対し
要所要所を堅い守備で抑え込みます。

試合は最終回にも追加点を加えた千代Wが、
折立-門田投手の完封リレーで全国大会出場を決めました。

セインツは4度も3塁にランナーを進めながら
あと1本に泣き無念の結果となりました。

この試合には公式審判委員として
太田・城両氏が担当くださり、
閉会式も代理で務めて頂いた様子。

実行委員各位本当にありがとうございました。

太田審判委員による閉会のご挨拶(だと思われます)

千代ウイングスの皆さん。ファイナルでお会いしましょう!

胴上げ、ひっくり返っとるがな!!

PostHeaderIcon vol.1636『北信越チームが確定!』


いつもありがとうございます。ポップ係長です。

11月21日に新潟県におきまして北信越クライマックスを実施いたしました。

3チームによる総当たり戦により北陸第二代表
比美乃江稲積JBOYS
がファイナルトーナメント進出を決めました!

詳細は今後のブログで発信します。

PostHeaderIcon vol.1635『熱闘通信!関西CX2ndステージ!』


いつもありがとうございます。ポップ係長です。

今はクライマックスの真っ最中で、私はたくさんゲームを見てますが、
なかなかそれを皆様にお伝えすることができてませんでしたので
頑張って熱闘通信続けていこうと思います!

会場は大阪市住之江区

さて本日は関西CX2ndステージ!
京都奈良代表を劇的な勝利で潜り抜けた和歌山みなべ少年野球クラブと
強豪ひしめく大阪予選を制した住之江シャークスによるファイナルステージを
賭けた一戦です。

毎年、素晴らしい技術を持った選手を輩出するシャークス。
第10回大会ではファイナルにも進出している毎年強豪チーム。

先攻はホームのシャークス。
みなべのマウンドには背番号3速球派の池田投手。
初回は3塁にランナーを背負うも無失点。
2回は中軸以降を迎える場面で最も悔やまれる四球を出してしまう。
そしてそこに暴投が加わり7番山下選手のテキサスヒットで得点を
奪われます。
しかしその後をキッチリと抑えるのは力のある証拠でしょう。
4回まで投げ切って4安打を浴びながらも1失点と試合を作りました。

シャークスのマウンドには背番号3の東浦投手。
こちらは少し荒れ気味ながらもそれが功を奏して3回1/3をノーヒットで
抑え込みます。
4回1死から出した四球のタイミングでサッと投手交代を見せたベンチワークも
さることながら、ここで交代した松井投手は重い球をズドンと投げこむ剛腕で
後続を断ち切りました。

試合は中盤から淡々と進み、みなべのスーパーガール杉本選手がマウンドに
上がると、見ている指導者からため息が漏れるような好投を見せてノーヒットで
マウンドを降ります。

しかしこの日のみなべはヒットが出たのが6回1アウトからの1本のみ。
最終回には2死からエラーのランナーを出すも、最後のバッターが
力ない内野フライに倒れゲームセット。

住之江シャークスが虎の子の1点を守り切り、関西CXファイナルステージへ
駒を進めました。

【球審:ポップアスリート星野仙一杯公式審判委員 野須氏】

終わってみれば両チームともに球数が90球台と自滅しない試合展開
だっただけに唯一の失点につながった四球が試合の行方を左右する結果と
なりました。

みなべの選手は初球から全力スイングを徹底し、
周りの大人も感心するほどの思い切りのよりチームでしたが、
3年連続のファイナル進出とはなりませんでした。

うなだれる男子選手を尻目に淡々とダウンをするスーパーガール。。。

住之江シャークスは12月12日くら寿司スタジアム堺で二度目の
ファイナル進出を目指します。

PostHeaderIcon vol.1634『北信越クライマックス展望!』


いつもありがとうございます。ポップ係長です。

本日は11月21日に予定している第14回ポップアスリート星野仙一杯北信越CXに
参加するチームの横顔を紹介しましょう。

北信越は新潟県・富山県・石川県の三県が予選範囲となってます。
石川県は富山県に近い地域が富山トーナメントに編入して
北陸予選の名称となってます。

また北陸の参加チームが多いことからクライマックスに関しては
数の均衡を保つために北陸第一・北陸第二に分割し
新潟の一代表と三つ巴で代表権を争います。

ここ最近クライマックスが立て込んでいたのですが、
折角縁合って対戦するチーム同士の情報をヒーヒー言いながら
調べてみました。

まず北陸第一代表の水橋JBC27s
予選5試合を戦って、得点22(平均4.4)、失点10(平均2)。
1点差ゲームが2つありますが、その1つは逆転サヨナラ勝ち。
粘りとチームワークで接戦をものにするイメージがありますね。
昨年北信越代表の七塚アカシアにも勝利しており、その実力は
本物ではないでしょうか!

そして北陸第二代表は 比美乃江稲積JBOYS
とにかく・・・チーム名が長く難しい・・・(笑)
予選5試合で得点34(平均6.8)、失点3(平均0.6)。
数字から見えるようにとにかく失点が少ない!
しっかりした投手陣が守りのリズムを引き出し
失点を許さず展開するというイメージでしょうか。
どんな投手陣が出てくるのか楽しみですねぇー。

そして新潟代表は けいせつ野球クラブ
毎年新潟予選は強豪が集まるという傾向があるんですが、
予選5試合で得点21(平均4.2)、失点5(平均1)
と安定した結果です。
聞くと今年のマクドナルド県予選を制しているようですから
その実力は本物でしょう。
完封も2試合ありますが、どうやら素晴らしいエースの存在が見えます。
対戦相手のコメントからは「小学生には打てません」といった文言が!
早く会いたいですねぇ。

とこんな感じでこれまでの戦績と対戦相手のコメントから
横顔を紹介してみましたが、
総当たり戦で球数制限がありますから、継投がカギになってきます。
ここは指導者の腕の見せどころでもありますね。

北信越CXは新潟県上越市の上越少年野球場で9時30分頃から
第一試合の予定!!

PostHeaderIcon vol.1633『熱闘通信!関西CX1stステージ!』

 
いつもありがとうございます。ポップ係長です。

各地区の代表チームが続々と確定しておりますが、
今日はクライマックス史に残る激闘をご紹介。

【2020年10月25日】
【 会場:宇治市山城運動公園 太陽ヶ丘第2球場 】
【京都奈良代表 宇治コンドルスポーツ少年団  
vs 和歌山代表 みなべ少年野球クラブ】

宇治コンドルは初のポップアスリート星野仙一杯出場のチーム。
小泉監督に伺うと「くら寿司に行った時にポスターを見て応募しました!」
との事。ちゃんと見てくれてて良かったです<(_ _)>

宇治コンドル:小泉監督

そして相手は全国王者にも輝いたことのある常連”みなべ少年野球クラブ”

試合前のみなべの選手たち

昨年ディフェンディングチャンピオンとして臨んだファイナルでは
6年生が2人しか居ない状況で苦戦を強いられましたが、
そのメンバーのほとんどが今年残るという強みを持って堂々のクライマックス。

勝った方が2ndステージに進む大事な一戦は
逆転に次ぐ逆転の手に汗握る展開となりました!

【試合経過】
先制したのは2回裏の宇治C。
内野安打で出塁のランナーを二死から9番打者(4)がタイムリー。

回が変わった表の攻撃で今度はみなべが四球のランナーを
3番打者(3)がタイムリーで迎え同点。更に盗塁で塁を進めて
5番打者(2)がタイムリーで勝ち越しに成功。

更に回は進み、5回裏の宇治C。
ヒットと四球のランナーを送りバントで進め、3番打者(2)が
2点タイムリーで逆転に成功。
更にそのランナーがエラーの間にホームインし1点加点し突き放す。

宇治Cの攻撃を終えた時点でタイムアップが近付いてきました。
みなべの実質最終回となる6回表は6番(7)から。
しかし2者が倒れ、万事休す。

と、ここでみなべ阪口監督が8番打者に代打(11)を送ります。
するとこの選手がライト戦に安打を放ち出塁。
あと1つアウトを取ればゲームセットの重圧か、
続く9番打者(6)の時に暴投でランナーが2塁へ。
ここで宇治Cにゴロエラーが出て殊勲の(11)をホームに迎え
なんと2死から同点に追いつく粘りを見せます。

6回の裏の宇治Cは1死で1番(8)。この選手の外野フライがエラーとなり
サヨナラのランナーとして出塁したところで、
またもや阪口監督が投手を先発させて球数を残していた(2)にスイッチ。
すると1点も許されないこの場面で2者連続三振に抑えるのです。

試合はここからタイブレーク。
打席に入った4番打者(8)が初球を犠牲フライ。
続く5番(2)は内野ゴロで2塁封殺されるも、2死1・3塁。
盗塁を決めた後に7番(7)がセンター前ヒットで2者生還し
この回3点で裏の守りにつきます。

宇治Cも4番(1)からの好打順。
ゲッツーシフトの内野陣に対して、内野ゴロの間に1点を取ると
5番打者(10)がレフト前のタイムリーで1点差に迫る。
しかしここで投手(2)が踏ん張り2者を抑えてゲームセット。
最後の打者のゴロはショートのファインプレー!!

いやーこれは、クライマックスの中でもトップクラスの攻防戦でした・・・

文章では書き切れませんが、随所にファインプレーが飛び出したことも
試合の緊迫感を高めてくれたことは間違いありません。

宇治コンドルは初出場ながら正々堂々戦いを見せてくれました。
来年も是非参加お待ちしております!

悔しさがにじむ試合後の宇治コンドルの選手

ちなみにポップ係長選出のMVP選手は
みなべの最大のピンチを防いだ杉本選手(2)!
実は・・・杉本選手は女子選手なんですよ。
全く動じない姿勢に鳥肌が立ちまくりましたね。

みなべのスーパーガール杉本選手。将来が楽しみです!

PostHeaderIcon vol.1632『東北第一代表チームが決定!』

 
いつもありがとうございます。ADかわたんです。

11月8日(日)にセンコー旗争奪 東北第一クライマックスが実施されました。

参加チームは下記の3チームです。

旭丘少年野球クラブ

常磐軟式野球スポーツ少年団

山三小こまくさガンバローズ

熱い戦いを制し、代表に決定したのは常磐軟式野球スポーツ少年団!

おめでとうございます。

ファイナルでお会いできることを楽しみにしています。

PostHeaderIcon vol.1631『北海道代表チームが確定!』


いつもありがとうございます。ポップ係長です。

10月25日(日)に北海道の代表チームが決定いたしました。

北海道CXに参加したのは以下の3チーム。

東グレートキングス (ポップアスリート予選代表)

東16丁目フリッパーズ(チャンピオンシップ代表1)

栗山ロッキーズ (チャンピオンシップ代表2)

まだ写真が届いておりませんので速報となりますが、

2度目のファイナル進出となる「東16丁目フリッパーズ」

代表の座を射止めました。

ちなみに北海道クライマックスは3チームによる三つ巴戦なんですが、

そのすべての試合が完封勝ちという、学童野球の試合ではなかなか

見られない結果となりました。

そのスコアを見てもレベルの高さが推し量れますよね。

ちなみに佐藤有北海道運営委員長からの報告によると

今年のフリッパーズは48連勝中でまだ負けの経験が無いそうです。

これが事実だとすると、大本命登場と言えるかもしれませんねぇ。

注目して参りましょう!

PostHeaderIcon vol.1630『日本プロ野球選手会 活動情報』

 
いつもありがとうございます。ポップ係長です。

今日はポップアスリート星野仙一杯の後援を頂いている
一般社団法人 日本プロ野球選手会のKさんから連絡を頂いた
選手会支援活動情報の連携。

日本プロ野球選手会では
野球をしたくても出来ない小学三年生の子供さんに対し
野球を始めるにあたり必要な野球用具である
バット、グラブ 及びシューズなどの購入奨励金を支給する取組として
「ドリームキャッチプロジェクト」の公募を行っています。

http://jpbpa.net/dream/

対象は全国、募集人数の制限は24名までなど、
当然ながら受給条件がありますので、
興味おありの方は是非ご覧になってください。

そして本プロジェクトのことを知らない人のために拡散してあげてください。

応募締切りは10月30日。
間もなく申込終了ですので、皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。

「野球がしたくても出来ない・・・そんな小学生のために
プロ野球選手が何とかしてあげたい!」という支援活動ですので
一人でも多くの子供さんのサポートに繋がることを願ってやみません。

PostHeaderIcon vol.1629『卒団グッズリニューアル!』

 
いつもありがとうございます。ポップ係長です。

先日メルマガでも配信しましたが、卒団グッズのラインナップを

見直し致しました。

これまではなんとなく定番商品に拘っていたんですが、

野球の卒団式を意識した商品をピックアップしてみました。

一例:「ガラス感謝状」指導者さんにどうですか?

更にあまり目にすることの無いオリジナル性の高い商品を

大会公式サポーターの”松下徽章様”と抽出しています。

【名入無料:卒団記念品】商品ページはこちらから

ポップアスリートでご用命頂くと、金額的にもリーズナブルな

オリジナル商品に”無料で名入れ”が出来るんです。

どんな商品なのかは百聞は一見にしかず。ですので

まずは下記リンクからご覧くださいませ。

ちなみに昨日のブログでも書きましたが、

ラインナップに無い商品がどうしても欲しい!!!という場合は

【V-Shikaカタログ】(←クリック)をご覧になって

直接ポップ係長までご連絡くださいね。

メール:inquiry@pop.co.jp

きっとADかわたんが対応してくれます(笑)

【名入無料:卒団記念品】商品ページはこちらから

http://www.pop.co.jp/order/sotsudankinen/

PostHeaderIcon vol.1628『表彰グッズあります!』

 
いつもありがとうございます。ポップ係長です。

卒団記念グッズのページが商品もリニューアルしましたが、
ポップアスリートでは大会スポンサーである松下徽章様のご協力の下
一般的な大会用メダルやトロフィーの窓口もしております。

【表彰副賞・卒団記念品の一覧が見れます】

今日は金14個・銀14個・銅28個を発送。

何よりメーカー直接仕入れなので、
比較的リーズナブルなお値段でご提供可能です。

一度、ご購入いただくと継続的にオーダーを頂けるということが
その裏付けなのかな?と思っています。

※ポップアスリートはチームの皆様のお役に立つことを
ポリシーとしております<(_ _)>

ちなみにお急ぎの場合にも臨機応変に対応頂けるので
「あ!忘れてた!」なんて時にも重宝されるかもしれませんね。

【表彰副賞・卒団記念品の一覧が見れます】

Pick up words
Archives
Search